So-net無料ブログ作成

ボノ × 孔雀 [ワンとお散歩]



昨日今日、当地方は…とても良いお天気だ。

110525 裏山お散歩 048.jpg

気温は20℃を越え、春らんまんと言ったところ。


そろそろ、桜も散り、今すももの花が満開である。

110525 裏山お散歩 075.jpg

こんな日は、犬たちとゆっくりお散歩をする。

110525 裏山お散歩 042.jpg

タンポポと、芝桜が競って咲いている野原を。

野鳥の声が、裏山に響いて、風が心地よく吹く。

110525 裏山お散歩 045.jpg

ちまたでは、山菜取りが盛んで、
毎晩、色々な山菜が食卓に並ぶ。


北海道は、今が一番いい季節である。


さて、ボノ父は、もうずいぶん前から…、
ウルトラマラソンの練習を始めているが。


最近、ボノはお年のせいか、走るのを嫌がる時があって、
「今日は、遠慮しときます!」と逃げることを覚えた。


暑い日は、特に付き合ってくれない。

110525 裏山お散歩 006.jpg

無理もない、やんちゃなボノも、もうすぐ7歳になるのだ。


だから、みんなでのんびり散歩する日は、とても楽しそうだ。

110525 裏山お散歩 030.jpg

裏山で存分に遊んだ後は、坂を下り…、私の庭へと向う。

110525 裏山お散歩 039.jpg

その途中にあるのが、孔雀の小屋だ。


前にも書いたが、中にインド孔雀が3羽いる。


そこへ、一目散に走る寄るボノ。


これは、お決まりのコースである。

110525 裏山お散歩 054.jpg

中を覗き込み、ものすごい剣幕で吠え立てる。


まるで、大型犬並みである。


それから、思い切りネットに噛み付き、
グイグイ引っ張るのである。

110525 裏山お散歩 055.jpg

ボノは、悪いことをしているとは、思っていない。

逆に、お手柄だと、思って、ドヤ顔である。


たぶんボノ父が、嬉しそうに、笑っているからである。


ボノがそうくれば、孔雀のオスだって、黙っちゃいない。

110525 裏山お散歩 059.jpg

綺麗な羽を広げて、音をたてて、ユサユサする。


ザザザ~、ユサユサ、体を振るわせる。

「小僧…かかって来い!」とばかり、威嚇するのである。


見てると、確実にボノの負けである。


だって、ボノは…とても小さい。


110525 裏山お散歩 072.jpg


孔雀の羽に、押されて、跳ね返りそうである。

そして、目など一喝されれば、ひとたまりもない。


その姿が滑稽で、孔雀小屋では、いつも大声で笑う。


傍から見たら、変な光景であるが…。


本当に、それがおかしい。

110525 裏山お散歩 070.jpg


「ボノ君、もうやめな。」

「君の負けだよ。」

「だって、孔雀さんは、あんなに大きくで綺麗だよ。」


孔雀の小屋から、無理やり引っ張られるボノの姿は、
これまた、滑稽で…笑えるくらい情けない姿だけど。


飼い主には、そこが、またかわいいのである。







nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

弘子

ジャッナ気分の 気仙沼を開きました。悲しいことですね。有難う

by 弘子 (2012-02-03 12:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。