So-net無料ブログ作成

太陽のマンゴー [ひとり言]


母が、あまりに早く退院したものだから…。

Nさんが、今度お見舞いへ行く時にと、
準備してくれた、高級な果物が自宅に届いた。


Nさんは、食通なのか…。

いつも、「う~ん!旨い!」と思わずうならせる
絶品ばかりを下さる、同じ町の奥様である。


開けてびっくり!

「太陽のマンゴー」だ。

110518 マンゴー 002.jpg

あの宮崎マンゴーが、真っ赤に熟れて、
化粧箱に2つ並んでいる。

綺麗な色だ。

真っ赤っか。

う~ん。

ト・ロ・ピ・カ・ル~、って。


実は、当地方、今朝、5月半ばの雪が降った。

我が家の食卓だけが、トロピカルだった。


外は、寒くて、寒くて…。


でもマンゴー。

甘くて、甘くて、甘くて…感動的。


マンゴーの切り方なる説明書がついている。

しかし、ボノ母、マンゴーの切り方は、お手のものである。


真ん中を1センチほど残し、左右を切り落とし。

その実の部分に、さいの目の切り込みを入れる。

そして…グニュっと、皮の方から実を押し上げるのだ。


今日も、うまく行った。


他にも、珍しい果物が沢山あった。

110518 マンゴー 006.jpg

山形産のさくらんぼ。

「佐藤錦」

愛知産のイチジク。

山梨産のもも。

長崎産のびわ。


琵琶は、肉あつで…。

さくらんぼ、お菓子みたいに甘い。

ももは、みずみずしく。

イチジクは、触感が何とも言えない。

110518 マンゴー 003.jpg

内緒で…。

犬たちも、マンゴー、ちと食べた。

幸せな犬たちである。



Nさん…。

ごちになります!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。