So-net無料ブログ作成
検索選択

気仙沼 [ひとり言]


いつだったか。

亡くなった義妹の思い出を書いたことがあった。


義妹が肝臓癌で亡くなってから…。

昨年の12月で3回忌になる。

享年42歳。


癌が見つかってから、1年と早い死であった。


義妹は、高校時代の同級生と結婚し、
ボノ父の生まれ故郷に住んでいた。


二人の男の子がいて、よいお母さんであった。


その子たちが生まれる、ずっとずっと前のこと。

私も、義妹も、まだ20代の前半頃。


義妹には、付き合っている彼がいた。


たぶん、以前にも書いた事があると思うが。


本当に、仲が良くて、いつも一緒にいた、ふたり。

よく、ボノ父の実家に集まって、4人で一緒に遊んだものだ。



K君、K君、と呼ばれていて。

おっとりしたお坊ちゃんタイプだったと記憶している。


怒る姿など、見た事がない。

とても、やさしい子だった。



福島県にあった、歯科大生。



彼には、少し柔らかい感じの、東北なまりがあった。


無理もない、後から聞いたら…。


出身は、気仙沼だという。


妹と彼は、何年付き合っただろう。


10年近くかな。


回りは、てっきり結婚するのだと思っていた。


もう、みんな、すっかり家族の気分になった頃。


あえて何が、あったのかは、書かないでおこうと思うが。


彼が、大学を卒業し、大学院へ進んで。

その後、歯医者の研修医をしていた頃。


ふたりは、突然別れた。


妹の哀しむ姿は、今でも忘れられない。



当然、それから彼と、私たちは音信不通になった。


気仙沼。


いつも、地名を聞いては、思い出していたが。

もう遠い昔のことになっていたし。


どこで、何をしているかなんて、自分には、知る由もなかった。


3月11日。


津波が気仙沼を襲った。

黒い濁流が、街を飲み込んでいる映像が写る。


街に火がついて。

黒い水と、真っ赤な炎が、一面に広がっている。


衝撃的だった。


気仙沼。


確か?と思った。



震災があって、半月がたった頃のこと。

実家の義母からの電話で知った。


「お母さん、気仙沼は津波が酷かったけど。」

「K君は?どうなったかな~」

突然、義母が言った。

「K君は、亡くなった。」


「携帯で確認したら…。」
「本日、実のお姉さまがご遺体を確認されました。」

と、メールが返ってきたと…義母が言う。



K君が、あの日、津波で亡くなった。

奥さんと娘さんと両親を残して…。


まさか、K君が、亡くなるなんて、思ってもいなかった。


享年44歳…たぶん。


聞くところによれば…。

K 君は、気仙沼の実家の病院近くに歯医者を開業し。
そこで、家族と暮らしていたそうだ。


家は、海のすぐ傍だったのだそうだ。



あの頃4人で遊んでいた、K君とMちゃんは…もういない。

なんだか悲しかった。


K君…。

怖かったでしょう。

あんなに大きな津波に…のまれるなんてね。

K君…。

無念だったよね。



気仙沼…。

これからもずっと、思い出してしまうだろう。


あのサイレンと、激しい津波の映像。

今でも強烈に瞼に残る。



K君。

どうか、安らかに…。


心の底から祈ります。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。