So-net無料ブログ作成

ガーデンPR。 [庭仕事]



今年、初めて、自分の庭をガイドブックに掲載した。

「ガーデンアイランド北海道」というプロジェクトで、
北海道の庭を一つの冊子にまとめたものだ。

北海道を、ニュージーランドのようにしたい。

花の庭で地名度を上げ、全体を庭で巡れるようにしたいと、
道が企画運営しているものである。


イギリスのイエローブックのような、厳しい審査がないから、
商業目的や、庭自慢がしたい人が簡単に掲載できる。

110518裏山の桜 023.jpg

私は、全く興味が無かったが…。

ボノ父が、家業のピーアールにと、応募した。




花の見ごろ。

イベント情報。

などなど…ガーデニング好きには楽しい企画だが。


庭の管理をするのが億劫であった。


イリスの庭は、植物が自由奔放であるから、
とても、人に自慢できる代物では決してない。


仕方なく、進められるまま、記事を投稿することに。


てな訳で…。


我が家では、まず、球根が咲き出し。

つつじ、さくら、ジャーマンアイリスと続く。

今は、芝さくらが満開で、ホスタやクレマチスが芽吹く頃。

110518裏山の桜 025.jpg


とても自慢などできない、トホホな薔薇は…。

これから芽を出し、6月一斉に咲き始める。


薔薇が自分の子どもなら…まさに虐待に近い状態である。

いつも、申し訳ないな~と思いながら、冬枯れの枝を剪定するのだ。

冬の寒さに、消毒不足、おまけに肥料不足とくる。


自然農法などど言えば、聞こえがいいが。

ただ、農薬が嫌いで、肥料はあまり買わない。

それと…となりの池の蛍が、絶えないようにと思うのである。

110518裏山の桜 021.jpg


それでも、蕾は赤くなり、秋遅くになるまで、薔薇が花をつける。

本当に、薔薇は強健で、粘り強い。

秋の霜の後の薔薇は、格別色が濃く綺麗である。


一旦薔薇が咲き始めれば、辺りは、甘い香りに包まれる…。

庭造りの醍醐味は、薔薇の香りにある。



それから。

それから。

気付けば、花菖蒲であたりは紫色になって。

雨の朝の、菖蒲の庭は、まさにクライマックスである。



こうして、大体の庭のサイクルが完了する。


それらの花々が一息つく頃。

忘れた頃に、白いアジサイ”アナベル”の花が大きくなって。

白い風船のように、庭を飾る。

そして。

そして。

その頃、ようやく…。


奥の池には、平家蛍が飛び始めるという、予定。

110518裏山の桜 019.jpg

そう、予定。

予定は、未定。

蛍は、飛ぶまで姿を見せない。

生きているか、そうでないかが分からない。


蛍よ、君は生きているのか?


♪ ほ・ほ・ほ~たる・こい ♪

甘い水でも…おげましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。