So-net無料ブログ作成
検索選択

母のこと。 [ひとり言]

自分だけの時間を取り戻そうと、
またブログを書き始めた。

ふと気が付くと、仕事と家族に振り回された、
この数ヶ月だったような気がする。


震災後、家業は経費節減を一層進めることとなり、
一人二役の状況を余儀無くされて。

その上、お正月頃から、母の腰痛が悪化した。


旅館業は、女の仕事が八割で。

母も例外ではなく、体を張って、今までやってきたのである。

腰痛は、職業病のようなものである。

暮れから、足が痛いと言い出した母は、
次々に痛みが飛び火して、終いには背中が痛いと言う。

レントゲンを撮った結果。

背中2箇所が、圧迫骨折していて…。
恥骨に、ひびが入っていると言う診断だった。

知らぬうちに、骨折するなんてことがあるのだろうか?


1月4日に入院し、点滴を2週間打つ。


母は、日頃から、主治医には、「稀に見る健康体です!」と
太鼓判を押されている。

七十も半ばにして、血液検査は、いつも100点満点。

見た目も、かなり若く見える。

肝臓などは、まだプルプルしているそうであるから…。

「レバ刺しに出来るね!」などと、笑っているくらいである。

良く食べ、よく笑い、お洒落をして、よく働く、老人もどきである。


私たち兄弟は、母を”マ〇子デラックス”と呼んでいるくらい、
化け物のような、老人なのである。


なのに、大きな事故なしに、骨折とは、ちと不思議であった。


その後、退院したものの。


背中の痛みは消えず。

今度は、逆の足が痛いと言い出し、歩けないと言う。


4月11日、緊急に入院。

今度は、右足の付け根の骨が骨折していると言う。


おかしい。

と思ったお医者さまは、今度は、調べに調べ。


ひとつの病名にたどり着いた。


「骨軟化症」


栄養素のリンが不足し…骨の質が悪くなる病気らしい。

それは、もともと持った体質が、老化によって悪化するもの。


骨粗鬆症とは、違う。

カルシュムは、充分足りているのに、リンが足りない。
よって、骨は出来ても、質が悪くもろい。

骨の80%は、リンだというから…無理もない。


ただ、太っただけでも骨折し。
ぶつけただけでも、骨折する。


それで、リンを食物から吸収し難い母は、飲み薬を飲む事になった。


普段から健康優良老人の母は、みるみる回復し。

晴れて、5月13日に退院した。


5月13日とは言っても、連休は10日も一時帰宅し。

日曜日は、入浴したいと帰宅する、悪い患者であった。


念のため行った、脳の検査では「本当に、76歳ですか?」と驚かれ、
また満点の太鼓判を頂いたと言うから、只者ではない。


だけど、元気で若い母は、ありがたい。


「母上。」

「今夜は何を召し上がりますか?」


てなもので…。

食べることが好きな母の、喜ぶものを作る。


自分より食べる老人なんて、本当にデラックスである。

だけど、時々楽しささえ感じるのは、不思議である。


まだまだ、母から学ぶべきことがあるからね。


大変だけど…。



ボチボチ生きて参りましょう。

母上さま。

一緒に。












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。