So-net無料ブログ作成

さくら [ひとり言]



庭のさくらが咲いた。

母に聞けば、樹齢は100年を軽く越える。

おばばが植えたんだよ…母が言う。

おばばとは、私の祖母である。

おばばは、体が弱かった。

私の中の、おばばの記憶。


池のほとりの桜が、水に映る。

北国のさくらは、エゾヤマザクラ。

ソメイヨシノのような華やかさはない。

ただ、儚げに咲く。


ここ数年、私は、100本近くの桜を植えた。


自分に、子供はいない。


おばばが植えた桜…などと思い出してくれる人はいない。


それでも私は、ただ、木が好きだから植える。

木のあるところが、好きだから植える。

誰かが、喜んでくれると思うから植える。

それが、自分の子供でなくてもいいのである。



今から、100年たったら…どんな花を付けてくれるだろう。


人の心を、和ませるような花を咲かせてくれるだろうか?


「明日この世が、滅びようとも…今日、私は…りんごの木を植える。」


神学者の言葉だったろうか?

大好きな言葉である。


あの津波にも負けなかった桜が、被災地で花をつける。


ただ花をつけるだけでも…。

生きる勇気が湧いてきて…前を向けると、人が言う。


木には、そんな不思議な力がある。



桜、サクラ属・バラ科。


さくらの魅力は、儚さにある。

美しさは、その黒い幹にある。



追伸。

いきものがかり・SAKURA。
youtubeの動画です、とても綺麗です。

http://www.youtube.com/watch?v=1cCeMYPHesk
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。