So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラッキングで準備万端 [ワンの日常]


今年の、秋は長かった。
冬らしくなるのは、いつだろう?と思っていたが。

今朝から、そろそろ冬の出番が来たようだ…。

昨日の夜から降り出した雪が、一面に積もった。
今年2度目の、銀世界である。

101207 雪景色 009.jpg
少し重たい雪であるが、少しずつ積もっている。

この冬、1度目の雪は、午前中のうちに融けて無くなった。
それほど、温かい秋だったのである。

たぶん、これで根雪になるだろうと思う。

101207 雪景色 007.jpg

だって、もう少しでクリスマスなのだから…。

さて、先週から…。

愛犬たちにとって、楽しいイベントがあったので、書いておこう。

久しぶりに、関東札幌方面から。

ボノの兄弟や、友達が我が家へ集まることになった。

ボノファミリーの、オフ会である。

ボノは、千葉県で生まれた。

母犬は、そらちゃん、父犬は、ヤンちゃん。

その…そらちゃんの飼い主さんたちが、やって来るのである。


それに、血を分け合った、兄弟分が7頭。
そして、同居犬が2頭である。

我が家の子も入れると、ジャックラッセル11頭が、
勢揃いすることになった。



もちろん言うまでもなく…。

楽しい、美味しい、嬉しいオフ会に…なったのであるが。

それを書く前に、ボノのブラッキングの始終を記しておこうと思う。


そんなこんなで、皆が来る前に、犬たちを綺麗にしておこうと決めた。

トッティを、自分でシャンプーし。

ボノは、前から予定していたブラッキングを、プロに頼む事にしていた。


市内に、今年オープンした、ロータスさんである。

トリマーさんは、札幌で腕を磨いた方であると聞いている。

もちろんジャック仲間の、紹介であった。


ボノがいい子で、2時間半強…我慢できるだろうか?

心配であったが。

どうやら、無事完了したようである。


ブラッキングとは、犬の体の毛を、専用のナイフで抜くことである。

主に、テリアやシュナウザーなどは、この方法でコートのケアをする。

毛を抜く事で、硬く強いコートを作り、皮膚を強くさせる効果がある。

バリカンやハサミで、毛を切ると、毛が柔らかくなり、見栄えが悪くなる。

そのまま放っておくと、伸び放題で、色が退化していくし…汚い。


この作業は、いつもはボノ母がやっていた。
ボチボチ、気が向いた時に…。

テリアは、この作業で、段々自分の好みのテリアになると思っている。

口ひげや、胸、目の周りの毛は、残そうとか抜こうとか、デザインが出来るのである。


だけど、ボノの毛は、並みの量ではないから…いつも腱鞘炎寸前だった。

そんなこんなで、プロの出番になったのである。


ブラッキング前のボノは、こんな感じ。

101204ジャック大集合 076.jpg

101204ジャック大集合 097.jpg


さすが、プロは、抜き残しもなく…綺麗に仕上がった。

つ・る・ん、と一丁上がりであるが。

101204ジャック大集合 151.jpg

ボノ母の感想は、「おお~ボノ、こんなに太ってたっけ?」

その後、ボノ父のコメントは、「ボノじゃない!」である。


だけど、どんな格好になっても、自分の犬は、可愛いもので・あ・る!

トリマーさんに感謝・感謝…だな。


ありがとうございました。


そうこうしながら、いよいよ、ジャックのオフ会の日を迎えるのであるが。


その様子は、追って、書くことにしよう。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。